元骨堂のフェイスブックページ

      ■ 商 品 詳 細 ■

善玉カルシウムと、がごめ昆布と、モロヘイヤが入っている 『元骨堂の風化貝カルシウム』
『元骨堂の風化貝カルシウム』は、食べやすく体にとても良い3つのバランス 風化貝 がごめ昆布 モロヘイヤ
善玉カルシウムの風化カミオニシキ貝と、がごめ昆布と、モロヘイヤについて
風化カミオニシキ貝

カルシウムは、必須ミネラルの1つで、成人の方で約1㎏あり、骨に99%、血液と細胞の中に1%存在しています。カルシウムの働きはあまり知られておらず、骨や歯を形成するだけではなく、体内の細胞のすべてを動かしています。要するに、カルシウムは細胞のすべてのスイッチを入れています。カルシウムの働きをいくつか挙げると、筋肉の収縮・弛緩、神経細胞間の情報伝達物質、ホルモンの分泌などがあります。働きをみると、いわば人間は、カルシウムなしでは生きてはいけないと言えます。また、現代の病気のほとんどが、カルシウム不足と深く関係しています。カルシウムの摂取源には色々ありますが、中国では昔から牡蠣の貝化石(ボレイ)や龍骨(動物の骨の化石などを粉にしたもの)などから良質のカルシウムを摂取してきました。しかし、風化龍骨化石は残念な事に無いに等しくなりました。今では北海道八雲町で発見された風化貝化石(1,500万年~2,500万年前)があります。風化貝化石(ボレイ等)は骨を丈夫にする事はもとより、肝臓の働きを強め、精神の安定などに効果があり、高齢化社会に向けての骨粗鬆症・骨折・寝たきりの予防に期待が持たれます。いますぐ作る事の出来ない、“太古の地球からあなたへの贈り物” と言う事になりますね。

 

 

■理想的な摂取である■

本来なら、野菜や海藻からカルシウムを摂るのが理想ですが、日本は火山灰土壌でカルシウム分の少ない土地ですし、他の栄養のバランスを考えても、食事の量を考えても、今の生活環境では十分にカルシウムを摂る事は不可能に近いと言えます。天然、自然の風化貝カルシウム(風化貝Ca)が、あなたを助けます。

※土壌環境の変化、食生活の変化、食品添加物、ビタミンD不足(日照不足)、運動不足など。

 

 

■安全の理由■

今から約30年前(昭和50年頃)に北海道工業試験場などの調査によって、北海道の八雲町にあるニシキ貝の化石が良質の炭酸カルシウム(純度97%)だと言う事が発表されました。それ以来、そのカルシウムを摂ると人体にどう影響を与えるかを各方面(西洋医学、東洋医学、その他代替医療)の先生方が研究して頂いております。この八雲町にあるニシキ貝の化石は、1,500~2,500万年と言う月日をかけて自然の力で風化されており、結晶が胃酸で細分化して溶ける霰石(アラレいし、アラゴナイト)になっている為、体内に吸収される事が今現在わかっております。しかも、体内に吸収されても血液中のカルシウム濃度を上げる事なく、確実に骨に届く事から、風化貝カルシウム(風化貝Ca)が、今最も安全で良質な天然のカルシウムだと言われ、『善玉カルシウムの王様』とも言われております。

※日本薬科大学にてマウスによる毒性検査や日本食品衛生協会による試験検査を行っております。

 

 

■目に見えないが変わっています■

骨は一見変化しないように思われがちですが、毎日作られては壊し、日々新陳代謝(約3%)が行なわれています。毎日、きちんと良質のカルシウムを摂取すると、3~5年で全く新しい骨に生まれ変わる事も可能です。これはレントゲン撮影や血液検査で確認出来ます。もちろん、風化貝カルシウム(風化貝Ca)で、あなたの骨も新しく生まれ変わる事は可能だと思いますよ。

 

がごめ昆布

がごめ昆布は、真昆布と同じ北海道・南茅部地域に育つ、表面の凹凸が『かごめ』の形に似ていることが名前の由来のねばりと、とろみの強い昆布です。がごめ昆布に豊富に含まれている健康成分や食物繊維は、糖分の消化・吸収を緩やかにして血糖値を調整し、免疫力を高めると言われています。また、新陳代謝を活発にする効果をはじめ、高血圧、動脈硬化などの予防にも有効とされ、ひとつの食材に含まれる健康成分が稀に見るほど豊富と言う事で、がごめ昆布が世界的に注目されています。

 

 

■高血圧の予防■

がごめ昆布に多く含まれている天然多糖類のアルギン酸は、日本人が多くとりがちな塩分を効率よく体外に排出する働きがあります。高血圧や動脈硬化の予防効果にすぐれ、脳卒中や心臓病を起こしにくくする作用もあると言われております。また、ラミニンと言うアミノ酸も含まれており、こちらは一時的に血圧を下げる効果があるとされています。

 

 

■動脈硬化の予防■

水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)は、コレステロールの吸収を抑制する作用が報告されております。またコレステロールの代謝・排泄の促進や、胆汁酸の回腸からの再吸収阻害による代謝・排泄の促進などがされやすくなります。

 

 

■糖尿病の予防■

がごめ昆布の豊富な水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)は、保水性・粘着性が高いので、消化物が胃から小腸へ移動する早さを遅くします。それと同時にブドウ糖の吸収も遅くし、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。それによって糖尿病の予防にも効果を発揮するであろうと言われております。

 

 

■昆布の栄養素■

○アルギン酸→血圧を下げる、コレステロール値を下げる。

○フコイダン→胃の粘膜を保護し炎症を修復する。全身の免疫力を高め、肝機能も高める。

○ヨウ素  →甲状腺ホルモンの成分。基礎代謝を高め、皮膚、髪、爪などを健康にする。

○グルタミン→うまみ成分。脳の機能を活性化。ボケ防止、利尿。

○ミネラル →消化吸収率が良く、80%が体内に吸収される。(牛乳の23倍)

○カリウム →高血圧予防。(大豆の2.7倍)

○鉄分(牛乳の39倍)

○カルシウム(牛乳の6倍)

 

 

■消化力を高める■

昆布にはヌルヌルとした食感がありますが、これが話題の健康成分『フコイダン』です。フコイダンは昆布をはじめとする海藻・褐藻にだけ含まれる硫酸多糖体で、高い保水力と人体に非常になじみやすい粘膜を作る作用があります。また、血圧の上昇を抑えたり、便秘の予防などに効果を発揮するといわれております。最近の研究では、胃潰瘍や胃がんなどの原因とされる『ピロリ菌』除去作用や、実験段階では消化器系がんを消滅させる働きがあることが報告されています。

 

  

■アレルギー抑制に効果的■

日本人の3人に1人は、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状をもつと言われています。がごめ昆布に含まれる成分には、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの分泌を抑える効果があるといわれております。このがごめ昆布の成分は、水やお湯にはほとんど溶け出す事がないので、アレルギー症状を抑えるには、がごめ昆布を食べる事が最も良いとされています。

 

  

■精神が穏やかになりやすい■

私たち日本人に不足しがちな、カルシウムを豊富に含むがごめ昆布には、イライラ感を抑える様な精神安定剤の働きもあり、神経の興奮を鎮めやすい効果があるとされております。また、フコイダンの粘り成分は胃粘膜を保護すると言われ、多く食事を取ったり、お酒の飲んだ日などでも普通より胃が荒れづらいなどと報告されております。

 

 

■美を保ちたいあなたへ■

海藻の中でも、特に昆布にはミネラルのヨウ素が含まれています。ヨウ素から作られる甲状腺ホルモンは、交感神経を刺激して新陳代謝を活発にし、ダイエットにも効果的と言われています。また、肌や髪などの美しさを保つ働きにすぐれ、貧血予防などにも良いとされています。

 

※『元骨堂の風化貝カルシウム』に使用されている『がごめ昆布』は、宮内庁に献上されている昆布が採れる浜『献上浜(けんじょうはま)』で採れた物を使用しております。

モロヘイヤ

『モロヘイヤ』と言うのは、アラビア語で『 王様の野菜 』と言う意味で、重病の王様がモロヘイヤのスープを飲んで病気が治ったと言う古代のエジプトの話に由来しています。モロヘイヤが食用として国内で栽培される様になってから10数年程で、野菜としての歴史は浅いのですが、かつては健康野菜ブームでブレイクしました。モロヘイヤの特徴は、青菜には珍しいネバネバ成分ムチンが多く含まれる事。ゆでたり、刻んだりするとネバネバが出てきます。ネバネバ成分ムチンには、夏バテに役立つ成分が含まれています。消化を促したり、消化不良や食欲不振を防ぎ夏バテで疲れた胃のトラブルを予防してくれます。

 エジプトではたいへん古い歴史があり、5,000年以上前から栽培され、食べられていました。エジプトには王様と、モロヘイヤで作ったスープの有名な言い伝えがあります。そこからムルキーヤ(王様達の物)と呼ばれ、なまってモロヘイヤになったと言われています。また、あのクレオパトラも好んで食べていたと言われています。

 

日本にモロヘイヤが登場したのはほんの30年程前。その栄養価の高さから人気が急上昇し、今ではポピュラーな『健康野菜』としての地位を確立しています。モロヘイヤに含まれる栄養素モロヘイヤは『野菜の王様』と呼ばれるのにふさわしく、豊富な栄養価を誇ります。例えば、β―カロテンがニンジンの約1.4倍、ビタミンEはケールの約4倍、鉄分はなんとほうれん草の約9倍もあるのです。また、あらゆる栄養素がバランス良く含まれているのも見逃せません。モロヘイヤには他にもポリフェノール、ルテイン、葉酸、ビタミンB12、亜鉛、マグネシウム、カリウム、ムチンなども含まれています。『野菜の王様』の名にふさわしい、まさしく栄養素の宝庫と言えるでしょう。次に注目すべき特徴は、豊富に含まれる食物繊維の量です。 食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があります。『不溶性食物繊維』は食べ物の体積を増やし、『水溶性食物繊維』にはとどまっている食べ物に水分を与える潤滑油のような働きがあります。この2種類の食物繊維をモロヘイヤは豊富かつバランス良く含んでいます。いつまでも若々しくいられそうですよね。

『元骨堂の風化貝カルシウム』の食べ方
善玉カルシウムで毎日元気!
『元骨堂の風化貝カルシウム』の内容成分
『善玉カルシウム』を摂りましょう!
カルシウムは美容・健康の基本!

★ あなたにおすすめのカルシウムです ★ 

元骨堂のフェイスブックページ

北海道の物を北海道の会社から 毎日コツコツ
元骨堂株式会社
〒064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1番地23
フリーダイアル 0120-962-194